豊胸手術失敗の体験談です。

地元の安い有名なクリニックで豊胸手術を受ける

私が憧れの豊胸手術を受けたのは、今から2年前の事です。
元々Bカップでしたが、もっと豊かでハリのあるバストに憧れており、簡単に手に入れるには美容整形をするしかないと思っていたのです。
最近は豊胸手術もメジャーになりつつあるので、正直なところ、どこのクリニックで受けても変わりはないと考えていました。
そこで手術費用を優先して、地元でも安いと有名なクリニックにカウンセリングを受けに行ったのです。
スタッフさんの愛想が悪かったのは気になりましたが、カウンセリングをして下さったドクターは雰囲気が良く、優しそうに見えました。
「あなたの理想通りのバストに仕上げてあげますよ」と自信満々に言われ、私自身も早く手術を受けたいと考えていただけに、すぐに手術の予約を入れました。
豊胸手術は麻酔をして行われました。
点滴で麻酔薬が体の中へ入っていくと自然と瞼が重くなり、いつの間にか眠っていました。
目が覚めた頃はまだ麻酔が効いているためか、特に痛みは感じなかったのですが、麻酔が切れ始めた頃から何とも言えない痛みが襲ってきました。
痛み止めを服用してもズキズキとした感じが残っており、手術当日はまともに眠る事も出来ませんでした。
この術後の痛みは1週間ぐらいで治まると説明を受けていましたが、私の場合はそれ以上もダラダラと続きました。

地元の安い有名なクリニックで豊胸手術を受ける痛みもひかず微妙な仕上がりに別のクリニックの再手術で豊かなバストを手に入れた